注目を集めているWi-Fiタブレット型PCとSIMフリータブレット型PCの差は…。

「白ロム」という言葉は、実は電話番号が記録されていない携帯電話機のことを指すテクニカルタームだと教えてもらいました。それに対し、電話番号がデータ登録されている携帯電話機のことを「黒ロム」と呼ぶそうです。
白ロムは格安SIMと一緒に使ってこそ、メリットを感じられるものです。反対に、格安SIMを使用していないという人が、白ロムをゲットするメリットはないと言っても間違いではありません。
海外に目を向けると、従前よりSIMフリー端末が通例でしたが、日本におきましては周波数などに違いがあることが原因で、各キャリアがSIMにロックを掛けること前提で、そのキャリアオンリーのSIMカードを提供していたというのが現状です。
格安SIMを解説しますと、料金が低く設定された通信サービス、ないしはそれを利用する時に使うSIMカードそのものを指します。SIMカードをよく調べると明確になりますが、通話機能を付帯した音声通話対応SIMとデータ通信専用SIMの2つがあります。
一口に格安スマホと言っていますが、プランを比較しますと、会社次第でひと月ごとの利用料は多少相違してくる、ということが明白になると考えます。

SIMフリースマホを手に入れるときは、格安SIMカードの通信方式と周波数帯をリサーチし、それに適合するものを買うようにしないと、音声通話もデータ通信も不可能になります。
注目を集めているWi-Fiタブレット型PCとSIMフリータブレット型PCの差は、SIMカードを使用できるのかできないのかというところなのですが、言い方を換えるなら携帯電話通信回線を使用できるのか否かということなのです。
SIMフリーというワードがマーケットに知れ渡ると、MVNOという言葉もよく見掛けるようになりました。MVNOは、仮想移動体通信事業者の略称になります。格安SIMの流通を担い、スマホ利用料ダウンに貢献してくれました。
ここまで格安SIMが一般化した今となっては、タブレットであろうともSIMを挿し込んで利用してみたいという上級者も稀ではないと思います。そのような人達におすすめすると喜ばれるSIMフリータブレットをご紹介させていただきます。
MVNOとは、ドコモを代表とする大手キャリア会社以外の通信関連会社のことを指します。数多くのMVNOが格安SIMを売り出して、携帯電話サービスを提供しているというわけです。

白ロムの利用手順は本当に容易で、現在持っている携帯電話のSIMカードを取り出して、その白ロムのSIMカード挿入個所に挿入するのみです。
今の時代MVNOも幾つものプランを世に出しており、スマホを一日中使っているという方に合わせたものも数多く確認できます。電波状態も何ら危惧する必要がなく、一般的な使用での問題点はありません。
SIMフリースマホをどれにするか迷っているときは、端末の値段別に選ぶというやり方はいかがですか?言うに及ばず、値段の張る端末であるほど有用な機能を有しており高スペックだと断定していいでしょう。
大手キャリアと言いますのは、端末(スマホなど)と通信がセットになっており、殆どの人は、その状態のまま契約することが常識のようになっています。ですから、MVNOへの乗り換えを検討する際には、買い方自体が全く違うということに面食らうかもしれません。
一概にSIMフリータブレットが便利だと言っても、多岐にわたる仕様があり、どれが自分に合うのか判断しづらいものです。そこで、SIMフリータブレットのセレクト方法をご紹介します。

高畑敦子舞台降板なし

今月23日、40代ホテル従業員の女性への強姦致傷で逮捕された高畑裕太容疑者。母親の高畑敦子が26日謝罪会見を行い、被害者や関係者に謝罪した。
また、今後の自身の仕事について、舞台は降板せず出演を続行すると話した。舞台の主催者の降板すべきなのではと聞いたところ、「高畑さんは舞台に立たなければいけない。1万人の人が切符を買っている」と説得され「この状態でお芝居をやるのは自信がないが、舞台に立って、演技を見せるのが私のしょく罪だと思っている」とのことだった。
確かに舞台は生ものなので、代役を立てるにも困難が多い。今後出演を自粛する可能性もありそうだが、公演中の作品については問題ないようだ。

中国人に処方箋薬を横流し容疑

中国人観光客向けに処方箋が必要な医療用医薬品を横流ししたとして、医薬品卸売会社”美健ファーマシー”の社長や医師の男ら計4人を、医薬品医療機器法違反容疑で逮捕されました。
中国人ブローカーの自宅からは2万6000点を超える医薬品が押収されており、美健ファーマシーが大量の薬品を組織的に横流していたそうです。
逮捕されたのは美健ファーマシー社長の男性(49)のほか、40歳代の社員と60歳代の仲介役、40歳代の医師のいずれも男性で計3人が逮捕されました。
社員の男が、インターネットの掲示板を通じて中国人ブローカーと知り合い、社長の男性に紹介したのがきっかけだったそうです。
薬は怖いです。
使い方などを間違えると、死さえあり得ることです。
こういった犯罪者には気を付けなければなりません。

車が崖下に転落

東京・奥多摩町で道路から転落したとみられる車が見つかり、更に約100メートル下に人が倒れているのが見つかりました。
東京消防庁によると1日午後1時前、東京・奥多摩町の「奥多摩周遊道路」近くで道路から4メートルほど下に車が転落しているのが見つかったそうです。
更にその約100メートル下には人が倒れているということです。
車が道路からそれて転落し、乗っていた人物が車外に放りだされたとみられ、現在、東京消防庁などが救助活動を行っています。
崖からの転落…考えるだけで怖いですね。
落ちてしまった人の無事を願っています。

iPhone標準アプリが削除可能に

アップルは6月13日、iPhoneとiPad向けの基本ソフト「iOS 10」を発表した。新たに「株価」や「ヒント」といった標準アプリが削除できるようになったそうだ。これまでのiOSは削除できず、ユーザーから要望が寄せられていたという。
アップルの発表によると、削除できるのは「株価」や「ヒント」のほか、「iTunes Store」や「カレンダー」など計23アプリ。通常のアプリと同じく、アイコンを長押しして「×」をタップして削除する。
ティム・クックCEOは昨年9月にBuzzFeed Newsのインタビューで「一見するより、複雑な問題なんです。他の機能につながっているアプリがあって、削除するとiPhoneに問題を起こすことがあります。そうではないアプリもあります。そうしたアプリについては、(削除する)方法を考えています。削除したいと思っている人たちがいることはわかっていて、対処を考えています」と話していたという。
そして、ついにその日が来たというわけだ。iOS10は秋ごろにリリース予定。iPhone5以降、iPad AirとiPad Proの全モデル、ipad 2、iPad mini 2以降、iPad touch 第6世代にインストールできるとのこと。
iPhoneだけでなくスマートフォンの標準アプリには人によってはまったく使っていない不要なものも多い。Androidでも標準アプリを削除できるようにならないだろうか…。

ダルビッシュ、母の誕生日に粋な演出

球場には一緒に暮らす山本聖子さんと、ダルビッシュの母ある、郁代さんが駆け付けてダルビッシュの好投を観戦しました。
郁代さんはこの日が誕生日であり、レンジャーズ・ダルビッシュはスイートルームを借りて、バースデーケーキをプレゼントしたとのこと。さらには、2回終了には場内ビジョンで「誕生日おめでとう」と祝うメッセージを流すなどをして粋な演出もしたといいます。
「聖子がどうしてもやりたいというから。僕はそういう気はなかったんだけどね」と照れたものの、登板前には14カ月のリハビリの収穫に「家族との時間が多くて、大切さが分かりました」と話しており、感謝を伝え勇姿を届けました。

中国の地上400メートルのガラス展望台

中国北京市の郊外に地上400メートルの高さの断崖絶壁に、ガラス張りの空中展望台が出来た。
崖から、通路に続いて丸い展望台がある形をしており、崖から32.8メートル突出している世界最大規模の展望台だという。
今月から一般公開された。また、ガラスを保護するために、布の靴袋をはいての入場となる。
観光客は怖がって手すりから手を離せない様子だったり、腕立て伏せをしたり、思い思いにガラスの展望台を楽しんでいた。
たしか中国だったと思うが、ガラス製の下が見える山道がなかっただろうか。あれは観光客がカップを落とし、ヒビが入ったときいたことがある。
今回はそのための靴袋なのか。興味はあるが、何かありそうでこわくもある。

屋根裏から150億円の名画?

フランス南西部トゥールーズ近郊の住宅の屋根裏から見つかった絵画について、2人の専門家が12日、イタリアの画家カラバッジョが400年前に描いた「本物の」作品であるとの見解を示したそうだ。その価値は最高1億2000万ユーロ、日本円にして約150億円と推定されているそうだが、真作かどうかを疑問視する声も上がっているという。
作品は2014年、家の持ち主が雨漏りのする天井を調べていた際に偶然見つかったそうだ。旧約聖書のユディト記に登場する、ユディトが将軍ホロフェルネスを斬首する場面を描いた「ホロフェルネスの首を斬るユディト」と呼ばれる作品で、保存状態は極めて良好とのこと。専門家らは、1600~1610年の間に描かれたものだと推定しているという。
専門家の一人、エリック・テュルカン氏は、「いかにもカラバッジョらしい光とエネルギー、ミスがなく、自信に満ちた筆遣いや描写手法から、本物であることが分かる」と評し、最高で1億2000万ユーロの値が付く可能性もあると指摘したという。
カラバッジョは本作より前に、同じ主題の別バージョンを制作しており、そちらの作品は現在イタリアの首都ローマの国立古典美術館に所蔵されているそうだ。
テュルカン氏は一方で、他の専門家の中には絵画の作者をフランドル地方の画家でカラバッジョの弟子であるルイス・フィンソンとする見方もあることを認めているという。
また、仏美術情報誌「Le Quotidien de l’Art」は、この作品が「本物ではない」とする別のカラバッジョ研究者の見解を伝えているとのこと。ただ、この研究者も「非の打ちどころがない質」を持った作品だと認めているそうだ。
まさか屋根裏から出てきた絵画にこんな価値があるとは、発見者もびっくりだろう。はたして本物なのだろうか…。

英、肥満対策に「砂糖税」

英国は、飲料に「砂糖税」を導入するという。
英国のジョージ・オズボーン財務相は16日、主に子供の肥満対策として、飲料に含まれる糖分を課税対象にすることを発表した。導入は2年後を検討しているという。
課税対象となるのは、100ミリリットルあたり5グラム以上の糖分を含む飲料。
英国の肥満率は欧州で最高水準になっているそうだ。昨年の公式の調査に基づくデータでは、過体重・肥満の割合は、成人で61.9%、2~15歳の子どもで28%となり半数以上が肥満であることが分かっている。
「砂糖税」などの課税は他にフィンランド、フランス、メキシコなどでも行われているという。来年には南アフリカでの導入が決定している。
問題とすべきは飲料だけなのか。食べ物に含まれる糖分や油分も肥満の原因になると思う。

シャラポワ、ドーピング陽性

女子テニスの元世界ランク1位のマリア・シャラポワが7日、今年1月の全豪オープンテニスでのドーピング検査で、自身の検体から禁止薬物が検出されたことを発表しました。
世界反ドーピング機関が定める、禁止物質リストに変更があったことが理由と釈明をしています。
この度、陽性反応が出たのは、メルドニウムという物質。
2006年から使用していたもので、今年になって禁止薬物に指定されたといいます。
シャラポワは、薬剤を服用する前に、きちんと禁止物質のリストを確認しなかったといいます。
アメリカ・ロサンゼルス市内のホテルで記者会見したシャラポワ。
「検査で陽性反応が出ました。一切の責任を負う」と深刻な面持ちで語りました。
シャラポワは、会見の前日に「重大発表」を行うと予告をして、自身の去就について発表するのではないかという、臆測も呼んでいました。
これにつき、シャラポワは、「多くの方々は、今日、私が引退を発表すると思っていたことでしょう。でも引退会見を行うとしたら、ロサンゼルスの市街地にあるホテルは選ばないでしょう。ましてやこんな地味なカーペットは選ばない」と、少しユーモアを交えつつ答えました。
それでも、処方箋を出した医師の責任に話が及ぶと、沈痛な面持ちシャラポワは「最後は自己責任です」と自身の過失を強調しました。