40歳で女性から男性に

「戸籍名を4月に変えたんだ。40歳でね。ありふれた女の子の名前から『げん』にしたんだ」
お気に入りの青い太めのジーンズに白と緑のストライプのTシャツ、頭は丸坊主と言う出で立ちで「げん」は話した。生まれた時の生物学的な性は「女」だったが、自分自身を女だと思ったことは一度もないという。げんは静岡県浜松市に住む竹鞄をつくる職人で、竹を育て材を取るところからすべて手作業で、年間約50個の竹鞄をつくっているそうだ。
どうして改名したのかと言うと、「実はこの3月に離婚したんだ。相手は男の人でね。29歳の時からだから、結婚生活は11年続いたのかな。この離婚が改名のきっかけ。苗字が変わるなら名前も変えようと思ってね。」とのこと。
げんは1974年、浜松市で生まれた。小さいころに両親が離婚し、母方の祖父母のもとで育てられたそうだ。幼少期からピンクやひらひらの服装には全く興味がなく、中学の頃のセーラー服は大きな苦痛だったという。母親は「この子がセーラー服ガイヤだって全然知らなかったよ」と言う。「今思えば帰りはいつもジャージだったね」と当時を振り返る。
自分の身体が女性であることに強い違和感を抱き続けてきたげんだが、性指向についてはこだわりが薄く、性別問わずにさまざまな人と付き合ってきたそうだ。そして30歳を目前にして、仕事関係で知り合った男性と結婚する。「根本の価値観が合ったんだろうね。いい人だったよ。夫が養うとか妻が家事するとかのルールがない。自分の生活は自分で何とかする。分かりやすい生活スタイルだった」と振り返る。竹鞄の師匠に出会い、本格的に職人の道を歩み始めたのもこの頃だったそうだ。
男の人と結婚することに抵抗はなく、子どもも欲しいと思っていたと言うげんだが、”自分の体が変化する”という具体的な想像ができなかったそうだ。結局子どもは出来なかったが、それでよかったと思っていると話す。
結婚していたころは髪を伸ばしていたというげん。周りから”普通”に見えることを無意識に意識していたという。そんなげんの方向が少しずつ変わり始めたのが3年前、テレビでたまたまトランスジェンダーについて扱っている番組を見たことがきっかけだったという。トランスジェンダーの仲間を興隆するようになり、自分もトランスジェンダーだと自認するようになっていったそうだ。
しかし、離婚の原因はジェンダーのことではないという。相手の親せきや近所の手前もあり、離婚の理由は「性格の不一致」とうやむやにした。
離婚届を出したその日に髪をバッサリ切り、丸坊主にしたそうだ。げんは自らがトランスジェンダーだと自認したことで、ようやくアイデンティティーを獲得できたのかもしれない。
今は東京のジェンダークリニックに通院し、性同一性障害と診断されて手術が受けられるようになるのを心待ちにしているという。
日本でも東京などではLGBTの人たちへの理解が広まってきた入るが、浜松などの地方都市ではまだまだ理解されない。日本のどこにいても否定されず、邪魔されず、自分らしく生きられる日はいつやってくるのだろうか。

iPSがん化を抑える物質を確認

人工多能性幹細胞(iPS細胞)の細胞死を誘導するタンパク質を、先端医療振興財団や国立医薬品食品衛生研究所などの研究グループが世界で初めて確認したそうだ。このタンパク質は、目の神経を保護する役割で知られていたが、新たな機能を発見したそうだ。必要な細胞を生存させながらiPS細胞によるがん化の危険を抑えられ、安全な移植に貢献できるという。
タンパク質は「PEDF」とと呼ばれ、目の網膜のうち網膜色素上皮細胞から分泌されるそうだ。iPS細胞から移植用の細胞を作る際、iPS細胞が残っているとがん化の危険があることが課題だった。
先端医療振興財団は理化学研究所と昨年9月、目の難病の患者に対し、iPS細胞から作った網膜の細胞を世界で初めて移植した。今回の成果はその研究の一環で分かったという。
グループは、網膜にiPS細胞を数多く入れてもがん化しにくいことから、PEDFが関与しているとみて研究を開始。網膜色素上皮細胞の上でiPS細胞を培養すると死滅することや、iPS細胞から作った網膜にPEDFを投与すると網膜にならずに残っていたiPS細胞は死滅するが、網膜の細胞は生存できることを確認したとのこと。iPS細胞から作った肝臓や神経、心臓の各細胞に投与しても、残っていたiPS細胞だけを死滅できたそうだ。PEDFがiPS細胞の遺伝子に障害を与えているとみられるという。
グループは、iPS細胞が分泌する別の物質の量を確認し、移植前の細胞にiPS細胞が残っているかどうかを高感度で検出する手法も開発したそうだ。2つの技術について特許を出願しているとのこと。
2つの技術を組み合わせて使うことでiPS細胞由来の移植細胞の安全性を高め、多くの人が治療を受けられるようになることを期待したい。

「A.I.」の子役、大きくなって11年ぶりの来日

「フォレスト・ガンプ~一期一会~」、「シックス・センス」、「A.I.」など、数々の大ヒット映画に出演し、天才子役として、一世を風靡したハーレイ・ジョエル・オスメントが、この度11年ぶりに「大きく」なって来日した。
彼が出演する映画が「ミスタータスク」。
人間とセイウチをコラボレーションさせた、想像を絶する、ホラーエンターテイメントの作品となっているという。
この作品は、ジョニー・デップと、ジョニーの実の娘のリリーローズ・メロディが初共演したことでも話題になっている作品である。
16歳のリリーローズの年ごろの時にはすでにエンタメ界で大活躍していたオスメント。
もし、俳優の道を歩んでいなかったとしたら、何をしている?との問いには、「考えたことがない。でも、きっと、子どものころからずっと好きだった、映画に関わる仕事をしていたと思うよ。」と話した。
大きくなった、元天才子役のオスメント。
「ミスタータスク」ではどんな演技を見せてくれるのだろうか。

短時間で地雷嗅ぎ分け、ネズミが大活躍

カンボジアで地中に埋まった地雷の探知にアフリカオニネズミが大活躍しているそうだ。このネズミは金属探知機を持った人間が数日かかるところ、わずかな時間で地雷を見つけ出せるという。
活躍しているのは、ベルギーの非営利組織APOLOにタンザニアから連れてこられ、生後4週間から地雷探知用に訓練されたネズミたちだ。カンボジアの地雷除去兵が手にするロープの先につながれ、草むらに放たれると、地雷に含まれるTNT火薬を嗅ぎ分けるそうだ。地雷除去チームの責任者は「彼らは人命救助ネズミだ」と話す。
カンボジア政府によると1979年以降、地雷や不発弾による死者は2万人近く、けが人は約4万4000人に上るという。1970年代のクメール・ルージュによる虐殺など、数十年に及ぶ内戦の名残りで国内には今も地雷が多く埋まり、身体に障害を打人が後を絶たないそうだ。
ネズミを使う地雷探知の最大の利点のひとつは、体重が軽いため地雷に近づいても爆発を引き起こさないことだという。
地雷を見つけた時にネズミがどうやって人間に場所を伝えるのか、処理をどうするのかなど詳しいことが気になるが、この人命救助ネズミによって地雷の除去が進めば犠牲者も減るだろう。これからも頑張って活躍してほしい。

カトパン、9月いっぱいでフジ退社へ

持ち前の明るさと、可愛らしい「カトパン」との愛称で人気のフジテレビの人気アナウンサーの加藤綾子アナウンサーが9月いっぱいでフジテレビを退社することが14日、分かった。
フリー転身後の所属先については、近く正式に決定する見通しとのこと。
朝の顔として活躍した看板番組の「めざましテレビ」は9月いっぱいで降板をするとのこと。
後任は永島優美アナが勤める。
放送業界を代表する、アナウンサーとなった加藤綾子アナが4月に30歳を迎えたのをきっかけに、7年間勤めたフジテレビを退社することになった。
2009年からレギュラー出演する、朝の看板番組「めざましテレビ」を9月いっぱいで降板するタイミングで、フリー転身となる。

呪い?「不幸が続いた」と窃盗犯が遺物返却

イスラエル考古学庁(IAA)は13日、約20年前に盗まれた古代遺物が窃盗犯自らの手によって返却されたことを明らかにした。返却された遺物には、不幸が続いたという窃盗犯から誰も手を出すべきではないとのメッセージが添えられていたという。
IAAによると、ゴラン高原の古代都市ガムラで盗まれた約2000年前の古代遺物は先週、イスラエル南部のベエルシェバにある博物館「Museum of Islamic and Near Eastern Cultures」の中庭に袋に入れられた状態で置かれていたそうだ。
関係当局が公開したヘブライ語のメモ書きには、1995年7月にガムラから古代ローマの投石器用の石2点を盗んだが、それ以来不幸が続いたと書かれていたそうだ。また「古代遺物は盗まない方がいい」との忠告も記されていたという。
略奪された古代遺物が返却されたのは今回が初めてではないそうだ。当局によると、テルアビブでも「おぞましい力」があるとして棺が返却されているという。この棺は窃盗犯の寝室で保管されていたとされる。
因果応報とでもいうべきか、盗みを働くと自分の身に悪いことが降りかかるということを身をもって思い知ったのだろうが、「古代遺物は盗まない方が良い」という忠告を手紙に添えるというのは少し笑ってしまう。

「脳を食べるアメーバ」北上中?

アメリカ中西部ミネソタ州の湖で泳いでいた10代の少年が今週、「原発性アメーバ性能髄膜炎(PAM)」による危篤状態に陥り、その後死亡したそうだ。PAMはいわゆる「脳を食べるアメーバ」によって引き起こされる珍しい病気だ。
7~8月という夏の時期には、この感染症のニュースがよく耳にする機会が増えるという。先週もカリフォルニア州の女性がPAMで死亡したそうだ。ただし全米の死者は最高でも年間8人程度。
だが、今回のように北部で発症した例はまれだという。ミズーリ州より北で報告された症例は僅か2件だけだそうだ。
「ネグレリア・フォーレリ」という名前の問題のアメーバは水温が高い場所に生息するため、通常は南部に見られるそうだ。感染が起こるのは年間で最も気温が高い7~8月。湖などで泳いだ時に水を鼻の奥まで吸い込むとそこから脳に侵入し、すさまじい破壊活動を開始するという。
水道水からPAMに感染した例もあるそうだ。最初の症例は2013年7月のルイジアナ州だったそうだ。
アトランタにある疾病対策センターの医療疫学者ジェニファー・コープ氏によれば、脳を食べるアメーバの生息地域は暖かい地方に限られてきたが、近年気温が上昇している一部地域にも広がっているという。とはいえ、まだ症例数が増加しているというほどではないそうだ。
ネグレリア・フォーレリに感染することはめったにないが、感染すればその致死率は極めて高い。1972年以降、PAMと診断された患者は134人だが、その中で生き延びたのはたった3人だけだという。2013年にPAMに感染したアーカンソー州の12歳の少女は完治しているという。完治したということは何か有効な手段があるのだろうか?治療法が確立されることを期待したい。

「ノームコア」日本上陸

「究極の普通」と訳されたニューヨーク発のファッション潮流「ノームコア」が日本に上陸したそうだ。「ノーマル」と「ハードコア」を合わせた造語で、着飾ることに疲れた人々が定番服の心地よさに目覚める現象を表しているという。アイコンとされるのが、日本製の黒のハイネックシャツを着続けたスティーブ・ジョブズ氏。服選びに煩わされない合理的な生き方が死後に注目された格好だ。日本では平凡な無地Tシャツなどが人気を呼び、男性服を女性が購入する新現象が起きているという。
今、20代の女性の間で激売れしているのが「パックT」と呼ばれる1枚540円のユニクロのメンズTシャツ。二十数色あるが白、紺、黒の地味色に人気が集まり、女性需要でSサイズの品切れが続出中らしい。購入の1割は女性で、ゆったりとしたラインで腕が細く見えると好評だそうだ。メンズの定番を女性が着る現象は昨秋のケーブルニットからだという。
着心地も楽で、メンズは首周りが詰まっていてネックレスが映えるそうだ。シンプルな定番だからこそ組み合わせで変化が楽しめるのが人気の理由のようだ。
ノームコアは2013年10月にニューヨークのトレンド観測グループ「K-HOLE」が発表した概念だそうだ。自己主張が当たり前の米国では非常に斬新な提唱だったという。周囲と同一化する普通の服という意味と共に、服選びにかかる手間や時間を削減する意味があり、ようやく時代がジョブズに追いついた感があるという。
日米でノームコアが支持された根底には、毎シーズンのトレンドに翻弄され、服を大量消費してきたことへの疑問や反省があるようだ。ノームコアの言葉を意識せずとも、少ない定番を着回すオシャレが見直されているという。
ただ、洋服は本来、欧米人のためのもの。シンプルな服は日本人の体型の弱点をあらわにし、ダサく見せてしまう恐れがある。自分の体型を熟知することが重要だ。
場の環境になじみ、普通でありながらも素敵な装いを心がけるノームコアはもともと日本人の精神にあるものだという。シンプルでもこなれた感じで着こなせればオシャレに見える。服を選ぶ手間もかからないので、ぜひノームコアファッションを取り入れていきたい。

ミニマリストの生活

先日12日に発売された佐々木典士の書籍「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」が5万部を突破するヒット作になっているそうだ。この本は部屋に置くものを自分にとって必要最小限にする「ミニマリスト」の生活を提案するもので、物を減らすと思考や生き方も変わってくるのだという。人々を惹きつける「ミニマリスト」とは?
千葉県千葉市の25歳の大学院生の男性が住むひとり暮らしの部屋には、机、本棚、ベッド代わりに使う長いすがあるのみ。去年まで住んでいた宮城県仙台市の部屋も、机代わりに使えるもらいものの足踏みミシンとピアノが置いてあるだけで、夜は寝袋で就寝していたそうだ。食器は茶碗が1個、どんぶり1個、コップ2個、タッパー2個。フライパンと鍋が1つずつ。テーブル代わりには木の板を使っていたそうだ。自分に本当に必要な物だけを身の回りに置く生活をして、2年以上になるという。
以前は家具にこだわりがあって高価なものを買い、服もお気に入りのブランドに月3万円程度のお金をかけていたそうだ。そんな生活を見直す契機になった一因は、2011年の東日本大震災。仙台市の大学に通っていた男性は、震災で多くのものが失われていく光景を目の当たりにして、「積み上げたものの意味のなさを感じた。物を所有するということの優先順位が下がった」という。
大学を休学して被災地のボランティアで現地に滞在することが多くなり、家に帰ることが少なくなったという男性。「意外と物がなくても生きていける」と感じたとそうだ。2013年に復学し、引っ越した時に自分にとって本当に大切なものは何かを考え、部屋に必要最小限の物だけを置くことにしたという。すると、「自分を律することができ、頭がクリアになった。心が散漫せずに集中できるようになり、考えが整理しやすくなった」と生活の変化を感じたそうだ。
ミニマリズムとは単に物を極端に減らすことではなく、人それぞれが自分に本当に必要なものを考えることなのだそうだ。自由な一人暮らしでしか実践できないものではなく、家族がいてもそれぞれが大切なものを軸にして物を減らしていけばミニマリズムになるという。
物が溢れる時代に「本当に必要な物か」を考えながら物を減らしていく「ミニマリスト」たち。身の回りにある物の意味を考えることが、物を選ぶ自分自身の物を選ぶ自分自身の行動や生き方を見つめ直すいい機会になるのかもしれない。

チョコに薬

出会い系サイトで知り合った男性に睡眠薬入りの手作りチョコレートを食べさせて、寝入った隙に現金を奪ったとされる事件で、昏睡強盗容疑で逮捕された東北薬科大の小浜翠容疑者が、動機について「妻子がありながら、出会い系サイトで若い女性と会っているおやじたちを懲らしめたかった」と供述していると言うことが分かったそうだ。
捜査関係者によると、小浜容疑者は「お金が欲しくてやった」とも話しており、仙台中央署が慎重に動機を調べているという。
同署によると、小浜容疑者の自宅から睡眠導入剤のハルシオンなどの錠剤約50錠、男性会社員を含め計10人の男性名義のクレジットカードが十数枚押収されたとのこと。男性会社員のカードのキャッシング機能で引き出したとみられる69万円を含む現金八十数万円とカードで購入したとみられるブランド品のバッグもあったそうだ。
4月以降、同様の手口による被害届は8日現在計4件出されているそうだ。
小浜容疑者は6月3日、青葉区の居酒屋でサイトで知り合った初対面の男性会社員に睡眠薬を混ぜた手作りチョコレートを食べさせて眠らせ、財布から2万5000円とクレジットカードを盗んだ疑いで同26日、逮捕された。
確かに出会い系サイトなどの利用については問題があるかも知れないが、それは強盗をする正当な理由にはならないのでは…。