ダルビッシュ、母の誕生日に粋な演出

球場には一緒に暮らす山本聖子さんと、ダルビッシュの母ある、郁代さんが駆け付けてダルビッシュの好投を観戦しました。
郁代さんはこの日が誕生日であり、レンジャーズ・ダルビッシュはスイートルームを借りて、バースデーケーキをプレゼントしたとのこと。さらには、2回終了には場内ビジョンで「誕生日おめでとう」と祝うメッセージを流すなどをして粋な演出もしたといいます。
「聖子がどうしてもやりたいというから。僕はそういう気はなかったんだけどね」と照れたものの、登板前には14カ月のリハビリの収穫に「家族との時間が多くて、大切さが分かりました」と話しており、感謝を伝え勇姿を届けました。

中国の地上400メートルのガラス展望台

中国北京市の郊外に地上400メートルの高さの断崖絶壁に、ガラス張りの空中展望台が出来た。
崖から、通路に続いて丸い展望台がある形をしており、崖から32.8メートル突出している世界最大規模の展望台だという。
今月から一般公開された。また、ガラスを保護するために、布の靴袋をはいての入場となる。
観光客は怖がって手すりから手を離せない様子だったり、腕立て伏せをしたり、思い思いにガラスの展望台を楽しんでいた。
たしか中国だったと思うが、ガラス製の下が見える山道がなかっただろうか。あれは観光客がカップを落とし、ヒビが入ったときいたことがある。
今回はそのための靴袋なのか。興味はあるが、何かありそうでこわくもある。