iPSがん化を抑える物質を確認

人工多能性幹細胞(iPS細胞)の細胞死を誘導するタンパク質を、先端医療振興財団や国立医薬品食品衛生研究所などの研究グループが世界で初めて確認したそうだ。このタンパク質は、目の神経を保護する役割で知られていたが、新たな機能を発見したそうだ。必要な細胞を生存させながらiPS細胞によるがん化の危険を抑えられ、安全な移植に貢献できるという。
タンパク質は「PEDF」とと呼ばれ、目の網膜のうち網膜色素上皮細胞から分泌されるそうだ。iPS細胞から移植用の細胞を作る際、iPS細胞が残っているとがん化の危険があることが課題だった。
先端医療振興財団は理化学研究所と昨年9月、目の難病の患者に対し、iPS細胞から作った網膜の細胞を世界で初めて移植した。今回の成果はその研究の一環で分かったという。
グループは、網膜にiPS細胞を数多く入れてもがん化しにくいことから、PEDFが関与しているとみて研究を開始。網膜色素上皮細胞の上でiPS細胞を培養すると死滅することや、iPS細胞から作った網膜にPEDFを投与すると網膜にならずに残っていたiPS細胞は死滅するが、網膜の細胞は生存できることを確認したとのこと。iPS細胞から作った肝臓や神経、心臓の各細胞に投与しても、残っていたiPS細胞だけを死滅できたそうだ。PEDFがiPS細胞の遺伝子に障害を与えているとみられるという。
グループは、iPS細胞が分泌する別の物質の量を確認し、移植前の細胞にiPS細胞が残っているかどうかを高感度で検出する手法も開発したそうだ。2つの技術について特許を出願しているとのこと。
2つの技術を組み合わせて使うことでiPS細胞由来の移植細胞の安全性を高め、多くの人が治療を受けられるようになることを期待したい。