中国人に処方箋薬を横流し容疑

中国人観光客向けに処方箋が必要な医療用医薬品を横流ししたとして、医薬品卸売会社”美健ファーマシー”の社長や医師の男ら計4人を、医薬品医療機器法違反容疑で逮捕されました。
中国人ブローカーの自宅からは2万6000点を超える医薬品が押収されており、美健ファーマシーが大量の薬品を組織的に横流していたそうです。
逮捕されたのは美健ファーマシー社長の男性(49)のほか、40歳代の社員と60歳代の仲介役、40歳代の医師のいずれも男性で計3人が逮捕されました。
社員の男が、インターネットの掲示板を通じて中国人ブローカーと知り合い、社長の男性に紹介したのがきっかけだったそうです。
薬は怖いです。
使い方などを間違えると、死さえあり得ることです。
こういった犯罪者には気を付けなければなりません。