声優の死、両親が難病指定訴え

昨年10月に38歳で亡くなった人気声優・松来未祐さんの両親が、娘の命を奪った「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)」の周知と難病指定を願い、伏せていた病名の公表を踏み切ったそうだ。EBウイルスは日本人の成人の9割以上が保有しているとされるが、発症はまれ。医師の間でもあまり知られておらず、松来さんは通院を繰り返しても感染判明まで1年以上かかったという。公表は松来さんの遺志でもあったそうだ。
松来さんが最初に体調不良を訴えたのは2013年ごろ。夜中になると39度台の高熱に苦しんだという。昨年正月の帰省時には、首のリンパ節が腫れあがり疲労を訴えたという。東京都内の複数の病院を受診し、がんの検査も受けたが診断はいつも「異常なし」だったという。
CAEBVの疑いが分かったのは昨年6月。専門医がいる都内の病院を紹介されたそうだ。7月2日に診断予約をしたが、6月30日に呼吸困難に陥ってこの病院に救急搬送され入院。抗がん剤治療を経て9月に退院したものの、2週間後に容体が悪化し、10月27日に亡くなった。
「東京の大きな病院をいくつも回ったのに、何でわからんかったんや」。ご両親は診断が遅れたことに疑問を持ち、CAEBVの難病指定を求めている。指定されれば、3万円ほどかかる自己負担の検査費用は軽減され、医師間に周知され、早期発見・治療に結びつくと考えるからだ。
CAEBVとは唾液などを介して感染するEBウイルスが、免疫をつかさどるリンパ球内で増殖し、内臓や血管などの炎症、皮膚炎、悪性リンパ腫など多岐にわたる症状を引き起こすそうだ。発症メカニズムは不明で、治療法は確立されていないという。現状では、炎症を抑えるステロイド剤や抗がん剤の投与、正常なリンパ球を増やすための骨髄移植などの治療が行われているそうだ。
松来さん以外にもこの病気で亡くなっている人もいるそうで、今回松来さんのご両親が病名を公表したことでCAEBVが注目されると思い、手紙を送ってきたご遺族もいたという。この病気が認知されることで早期発見につながり、少しでも多くの人が救われることになることを祈る。

警察官から拳銃奪い発砲

14日午後3時ごろ神奈川県横須賀市の市営住宅の渡り廊下で、県警の巡査部長が男ともみあいになり、拳銃を奪われて撃たれるという事件があった。
巡査部長は右腕と右足計3か所を撃たれたが、その場で男を取り押さえ現行犯逮捕した。命に別状はないという。
逮捕された男は、市営住宅に住む無職の松木貴嗣(37)。騒ぎの少し前に、男が「母親が買い物から帰ってきたら自分は殺されるかもしれない」と110番通報を受けた巡査部長が駆け付けた。すると松木容疑者が刃物をもって渡り廊下に立っており、刃物を捨てるようにいうと手放したが、体に触れると暴れだし、巡査部長の腰に装着されていた拳銃を奪って発砲したという。
現場周辺には中学校や児童公園などがあり、近くにいた小学6年生の女児は「これ以上暴れるなと大声がして、直後にバーンバーンと音がした。しばらくしたら警察官が救急車で運ばれた。すごくびっくりした」と話した。
巡査部長は助けに行ったのに、容疑者に一体何があったというのか。

広告見て感染

不正なインターネット広告を見ただけのパソコンをウイルスに感染させる手口のサイバー攻撃が急増していることが分かった。専門家は「常にOSやソフトを最新版に更新し、脆弱性を放置しないことが必須」と呼びかけている。
情報セキュリティー会社のトレンドマイクロによると、従来の不正広告による攻撃は利用者が広告をクリックすると攻撃サイトに誘導される手口だった。しかし今年7月以降、不正プログラムが仕込まれたバナー広告が正規のサイトに表示されただけで、攻撃サイトとの通信が発生する手口が急増。こうした不正広告が国内3700以上のブログサイトや企業サイトなどでランダムに表示されていたとみられる。
利用者のパソコンには正規サイトが表示されたままで、不正広告も通常の広告と見分けがつかない。気づかないうちにウイルスを送り込まれ、パソコン側に脆弱性があると突然画面がロックされるなどし、解除の代わりに金銭を支払うよう脅されることもあるという。
正規サイトを閲覧していただけで広告が表示されて感染してしまうのなら、どうすればいいのだろうか?対処法が早く見つかればいいのだが…。

Jリーグ、清水がJ2降格

サッカー王国という土壌を背景にし、市民クラブからスタートした歴史を持つ清水エスパルス。
地域密着型、育成型クラブを目指して、日本代表にも多くの選手を送り出してきた同チーム。
だが、ここ数年は低迷の一途をたどっていた・・・。
来季、戦いの場を初めてJ2に移すこととなった清水エスパルス。チームに一体、何が起こっていたのか。
地元で育った2人のOBが指揮を執った、2015年クラブ史上初のJ2への降格が決まった。
清水のサッカーを、エスパルスを知り尽くしていたはずだった。
理想と現実のギャップに苦しみ、もがき、敗れてしまった。
降格決定から一夜明けた10月18日、田坂監督は「責任は監督の自分にある。言い訳するつもりはない。しかし、短期間でこの結果に至ったわけではない。」と会見で訴えた。

”笑気ガス”規制へ

吸うと多幸感を得られることから、危険ドラッグの代わりとしてインターネットなどで販売されているいわゆる「笑気ガス」について、厚生労働省が規制に乗り出すことにしたそうだ。
風船を吸って爆笑する人たち。彼らが吸っているのは亜酸化窒素とみられる。亜酸化窒素は吸う」と顔の筋肉が緩み、笑っているように見えることから「笑気ガス」とも呼ばれ、医療用の麻薬などで使われるが、販売には許可が必要だ。
しかし、自転車のタイヤの充填用などと称し、無許可で亜酸化窒素を小型ボンベに入れ「シバガス」という商品名で危険ドラッグの代わりとしてインターネット上で販売が広がっているそうだ。
医師の処方もなく使用すると重大な健康被害をもたらす恐れがあり、海外では吸引後、酸欠状態に陥り死亡する例が報告されていることから、厚労省は規制に乗り出した。厚労省は都道府県に対し通知を出し、無許可で販売する業者の取り締まりを徹底することにしているとのこと。
ドラッグは次から次へと法の目をくぐって新しいものが出てきてしまう。本来医療用として使用するものも使い方次第では死に至るケースがあるというのは恐ろしいことだ。このガスが規制されたところでこれに代わるものがきっとまた出てくるのだろう。何とか食い止める方法はないのだろうか。

ザキヤマ、9年の交際経て入籍

芸能界におめでたいニュースが飛び込んできた。
人気お笑い芸人のアンタッチャブル山崎弘也が8月14日に結婚したことを、所属事務所のプロダクション人力舎を通し、マスコミ宛てにFAXにて昨日8月18日に喜びの発表をした。
山崎さんのお相手は、32歳でOLの一般女性とのこと。
2人は9年間にわたって交際していたという。
山崎はFAXにて、「ザキヤマが~、2015年8月14日~、入籍~す~る~、ということで結婚させていただきました。あざーす!!とにかく、明るい家庭を築いていこうと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします!」と直筆で喜びを綴っている。
ザキヤマらしいギャグに満ち溢れた明るい家庭を築いていけるのではないだろうか。

40歳で女性から男性に

「戸籍名を4月に変えたんだ。40歳でね。ありふれた女の子の名前から『げん』にしたんだ」
お気に入りの青い太めのジーンズに白と緑のストライプのTシャツ、頭は丸坊主と言う出で立ちで「げん」は話した。生まれた時の生物学的な性は「女」だったが、自分自身を女だと思ったことは一度もないという。げんは静岡県浜松市に住む竹鞄をつくる職人で、竹を育て材を取るところからすべて手作業で、年間約50個の竹鞄をつくっているそうだ。
どうして改名したのかと言うと、「実はこの3月に離婚したんだ。相手は男の人でね。29歳の時からだから、結婚生活は11年続いたのかな。この離婚が改名のきっかけ。苗字が変わるなら名前も変えようと思ってね。」とのこと。
げんは1974年、浜松市で生まれた。小さいころに両親が離婚し、母方の祖父母のもとで育てられたそうだ。幼少期からピンクやひらひらの服装には全く興味がなく、中学の頃のセーラー服は大きな苦痛だったという。母親は「この子がセーラー服ガイヤだって全然知らなかったよ」と言う。「今思えば帰りはいつもジャージだったね」と当時を振り返る。
自分の身体が女性であることに強い違和感を抱き続けてきたげんだが、性指向についてはこだわりが薄く、性別問わずにさまざまな人と付き合ってきたそうだ。そして30歳を目前にして、仕事関係で知り合った男性と結婚する。「根本の価値観が合ったんだろうね。いい人だったよ。夫が養うとか妻が家事するとかのルールがない。自分の生活は自分で何とかする。分かりやすい生活スタイルだった」と振り返る。竹鞄の師匠に出会い、本格的に職人の道を歩み始めたのもこの頃だったそうだ。
男の人と結婚することに抵抗はなく、子どもも欲しいと思っていたと言うげんだが、”自分の体が変化する”という具体的な想像ができなかったそうだ。結局子どもは出来なかったが、それでよかったと思っていると話す。
結婚していたころは髪を伸ばしていたというげん。周りから”普通”に見えることを無意識に意識していたという。そんなげんの方向が少しずつ変わり始めたのが3年前、テレビでたまたまトランスジェンダーについて扱っている番組を見たことがきっかけだったという。トランスジェンダーの仲間を興隆するようになり、自分もトランスジェンダーだと自認するようになっていったそうだ。
しかし、離婚の原因はジェンダーのことではないという。相手の親せきや近所の手前もあり、離婚の理由は「性格の不一致」とうやむやにした。
離婚届を出したその日に髪をバッサリ切り、丸坊主にしたそうだ。げんは自らがトランスジェンダーだと自認したことで、ようやくアイデンティティーを獲得できたのかもしれない。
今は東京のジェンダークリニックに通院し、性同一性障害と診断されて手術が受けられるようになるのを心待ちにしているという。
日本でも東京などではLGBTの人たちへの理解が広まってきた入るが、浜松などの地方都市ではまだまだ理解されない。日本のどこにいても否定されず、邪魔されず、自分らしく生きられる日はいつやってくるのだろうか。

iPSがん化を抑える物質を確認

人工多能性幹細胞(iPS細胞)の細胞死を誘導するタンパク質を、先端医療振興財団や国立医薬品食品衛生研究所などの研究グループが世界で初めて確認したそうだ。このタンパク質は、目の神経を保護する役割で知られていたが、新たな機能を発見したそうだ。必要な細胞を生存させながらiPS細胞によるがん化の危険を抑えられ、安全な移植に貢献できるという。
タンパク質は「PEDF」とと呼ばれ、目の網膜のうち網膜色素上皮細胞から分泌されるそうだ。iPS細胞から移植用の細胞を作る際、iPS細胞が残っているとがん化の危険があることが課題だった。
先端医療振興財団は理化学研究所と昨年9月、目の難病の患者に対し、iPS細胞から作った網膜の細胞を世界で初めて移植した。今回の成果はその研究の一環で分かったという。
グループは、網膜にiPS細胞を数多く入れてもがん化しにくいことから、PEDFが関与しているとみて研究を開始。網膜色素上皮細胞の上でiPS細胞を培養すると死滅することや、iPS細胞から作った網膜にPEDFを投与すると網膜にならずに残っていたiPS細胞は死滅するが、網膜の細胞は生存できることを確認したとのこと。iPS細胞から作った肝臓や神経、心臓の各細胞に投与しても、残っていたiPS細胞だけを死滅できたそうだ。PEDFがiPS細胞の遺伝子に障害を与えているとみられるという。
グループは、iPS細胞が分泌する別の物質の量を確認し、移植前の細胞にiPS細胞が残っているかどうかを高感度で検出する手法も開発したそうだ。2つの技術について特許を出願しているとのこと。
2つの技術を組み合わせて使うことでiPS細胞由来の移植細胞の安全性を高め、多くの人が治療を受けられるようになることを期待したい。

「A.I.」の子役、大きくなって11年ぶりの来日

「フォレスト・ガンプ~一期一会~」、「シックス・センス」、「A.I.」など、数々の大ヒット映画に出演し、天才子役として、一世を風靡したハーレイ・ジョエル・オスメントが、この度11年ぶりに「大きく」なって来日した。
彼が出演する映画が「ミスタータスク」。
人間とセイウチをコラボレーションさせた、想像を絶する、ホラーエンターテイメントの作品となっているという。
この作品は、ジョニー・デップと、ジョニーの実の娘のリリーローズ・メロディが初共演したことでも話題になっている作品である。
16歳のリリーローズの年ごろの時にはすでにエンタメ界で大活躍していたオスメント。
もし、俳優の道を歩んでいなかったとしたら、何をしている?との問いには、「考えたことがない。でも、きっと、子どものころからずっと好きだった、映画に関わる仕事をしていたと思うよ。」と話した。
大きくなった、元天才子役のオスメント。
「ミスタータスク」ではどんな演技を見せてくれるのだろうか。

短時間で地雷嗅ぎ分け、ネズミが大活躍

カンボジアで地中に埋まった地雷の探知にアフリカオニネズミが大活躍しているそうだ。このネズミは金属探知機を持った人間が数日かかるところ、わずかな時間で地雷を見つけ出せるという。
活躍しているのは、ベルギーの非営利組織APOLOにタンザニアから連れてこられ、生後4週間から地雷探知用に訓練されたネズミたちだ。カンボジアの地雷除去兵が手にするロープの先につながれ、草むらに放たれると、地雷に含まれるTNT火薬を嗅ぎ分けるそうだ。地雷除去チームの責任者は「彼らは人命救助ネズミだ」と話す。
カンボジア政府によると1979年以降、地雷や不発弾による死者は2万人近く、けが人は約4万4000人に上るという。1970年代のクメール・ルージュによる虐殺など、数十年に及ぶ内戦の名残りで国内には今も地雷が多く埋まり、身体に障害を打人が後を絶たないそうだ。
ネズミを使う地雷探知の最大の利点のひとつは、体重が軽いため地雷に近づいても爆発を引き起こさないことだという。
地雷を見つけた時にネズミがどうやって人間に場所を伝えるのか、処理をどうするのかなど詳しいことが気になるが、この人命救助ネズミによって地雷の除去が進めば犠牲者も減るだろう。これからも頑張って活躍してほしい。